時給2000円以上の単発の看護師バイト

看護師の採血バイトが上手くなるコツはある?

pixta_5322402_S.jpg
検診ではナース一人あたり、一日十数人から、多い時で100人ほどの採血を行います。

検診は流れ作業ですから、採血も流れ作業で...といっても、やはり他の業務と違い血管が細くて見えなかったり、ちょっと動かれて針先がズレてしまったり...とスムーズにいかないこともあります。

そうなると採血待ちの長蛇の列が出来てしまい、検診の受診者もイライラ、ナースは焦る...といった事がありがちです。

どんなに採血がうまい人でも失敗は必ずあります(´・Д・)」

しかし、痛みを伴う採血ですから、いくらでも採血がうまいに越したことはありませんよね。

採血がうまくなるには、やはり経験を積むことが一番大事です(^ ^) 人の血管ですから、一概に教科書通りの血管ではありません。

年齢や体型、皮膚状態、体調によって血管の見えやすさ、針の刺しやすさは変わってきます。

ですから、苦手と避けずに経験を積むことが大切なんです。

私は毎日採血業務をしているうちに、たとえ目に見えない血管でも少し触れば「この血管はいける!」という感覚がわかるようになり、針を刺した時の微妙な感触で血管を狙うことができるようになりました。

これはやはり経験なんだなって思いましたね。

また、採血をするにあたっていくつかポイントがあります。

どんなに忙しい時でも、採血の一連の流れがやりやすいよいに物品をしっかり整えます。

一人で行う作業ですから、無駄な動きは針先がズレたり失敗の原因になります。

次に、針を刺す時は躊躇いを捨てます。

躊躇うことによって、血管が逃げてしまうことがありますし、刺される方も痛い思いをします(;´Д`A 刺す時は素早く、抜く時はそっと...。

かといって、グサっといくのは痛いですから、針先を皮膚の近くまで持って行き、スッと小さな動きで行う方がいいですね。

針を刺す際は、皮膚をくっと伸ばし、血管を固定するようにするとやりやすいですよ。

加齢とともに皮膚のたるみができ、狙って刺したつもりが、皮膚の動きに邪魔され血管を外してしまうこともあります。

そして採血で一番重要なのは、採血中の針先の固定です。

シリンジで内筒を引いたり、真空管採血でスピッツを変える際に針先が動きがちです。

せっかく血管に入っても、針先が動いて血管からズレてしまうと失敗してしまいます。

こういったポイントを抑えながら、イメージトレーニングをして、本番では焦らずに気持ちを落ち着けて行うといいですよ。

オドオドしたり、焦っていると、採血される側も不安になります(・_・;

相手に安心感を持ってもらうことは、痛みの軽減にもつながります。

この人大丈夫かしら?と不安に思いながら採血されると、なんだかいつもより痛い!と感じてしまうこともありますからね。

血管が見えない、細い、どうしよう!と焦った時は、まず深呼吸してみてください。

そして、どうしても無理だなって思った時は、他のナースに変わってもらう事も大切ですね(*´艸`*)

2016年5月31日|

健診バイトの給料だけで看護師は、生活はできますか?

pixta_6470827_S.jpg
看護師の資格を持っているけど、病院でバリバリ働くには余裕がないママさんナースや、趣味を楽しんでライフスタイルを重視するナースなどが多く働いている健診のお仕事があります。

健診の仕事は自分の都合に合わせた働き方ができるんですよね(^ ^)

仕事は日勤だけだし、残業はないし、土日は休みの仕事って看護師の職場としては良い条件ですね。

休み希望も取りやすいし、曜日指定で働くことも可能だし、自分の都合に合わせた働き方が可能なんですよね。

また、健診の仕事は健康な人を対象としていますから、病院やクリニックのような肉体的、精神的にハードな仕事はないため無理なく働けるんですよね。

仕事内容は、採血や問診、血圧測定など看護師の業務としては簡単な仕事ばかりです。

しかもそんなに働きやすい仕事なのわりに時給も高い方だから、割の良い仕事なんです。

しかし、健診バイトの仕事だけで生活が出来るかと言われると、ちょっと厳しいですね...f^_^;

健診バイトは、年間を通して安定した収入を得ることが出来ないというのが一番の理由ですね。

健診は春から秋までの仕事がほとんどで、冬場は仕事がありません。

年間で実質働けるのは半年ほどなんですよね。

だから、健診バイトの仕事だけで生活費を稼ぐのはちょっと難しいのです。

健診バイトをしながら生計を立てているナースは、ダブルワークをしているとか、健診の仕事以外でも収入を得ている事がほとんどですね(´・Д・)」

健診バイトなら仕事がきつくないので空いた時間にダブルワークは可能なんですよね。

生活費を稼ぐために仕事をしている場合は、クリニックや施設ナースのパート、訪問入浴などの仕事とのダブルワークのナースも結構いますね(^_−)−☆イギリス人女性は、欧米諸国の中では日本人女性に似た性格?!

2016年5月31日|

健診バイトの業務内容

看護師の仕事って、ハードなイメージが多いですが、中にはママさんナースでも働きやすい仕事があるんですよね。 健診バイトもわりと楽な仕事で、ママさんナースにも人気のお仕事なんですよ(-_^) 私は出産後に子育てをしながら働きやすい条件の仕事を探したのですが、両立出来そうな仕事が見つかりませんでした。 そこでやっと見つけたのが健診バイトでした。 健診の仕事は、日勤だけの仕事ですし、土日は休みなんです。 しかも、自分の働きたい時だけ働けるという看護師の仕事の中で、これほど都合の良い仕事はないなって思いましたね。 しかも、残業はほとんどありません。 健診って、施設内健診も巡回健診も一日の人数が決まっていますし、健康な人が決まった検査項目を行うわけですから、イレギュラーな事態が起こらないんですよね。 だからほぼ定時で仕事が終わります。 仕事内容も簡単でしたよ(^ ^) 私は巡回健診で、バスで移動する健診業務を行っていましたが、看護師の仕事は、問診、血圧測定、採血です。 どの業務にあたるかは、シフトに記載されてきて、ランダムにあたります。 私は採血が早かったため、ほとんど採血業務でしたね。 中には採血が苦手という人もいます。 そういった場合は採血業務を外してもらうことも可能なんですよ。 問診業務は、問診用紙にそって質問し、鉛筆で項目を塗りつぶすだけですね。 難しいことは何もありませんが、既往歴で色々な疾患名を言われるので、ある程度疾患に対する知識があるといいですね。 また、血圧測定ではおもに自動血圧計を利用しています。 事業所を廻る健診では水銀計を使うこともありますが、水銀計を使えない看護師なんてまずほとんどいませんから、血圧測定業務ほど楽なものはありません。 健診会場での仕事はそれだけですが、健診前後の荷物の運搬や、健診後にセンターでスピッツのラベル貼りなどの仕事もあります。 どれも難しいことはないのですが、時給は高いため人気のお仕事ですね(^_−)−☆

2016年5月31日|

看護師検診バイトとは?

看護師バイトの求人って、いろんな分野の仕事がありますよね。 中でも健診バイトは、ママさんナースやブランクありのナースに人気の高いお仕事です(^o^) 健診バイトのメリットとして、仕事内容が病院やクリニックよりも簡易的ということがあります。 病気の患者さんを対象とする病院などと違い、健康な方が対象で、問診や採血、血圧測定といった業務がほとんどです。 病院のように、様々な看護技術を必要とされることもありませんし、看護記録などもありません。 病院やクリニック勤務では、肉体的な負担や精神的な負担が大きいですよね(;´Д`A 責任の重い仕事内容ではない健診バイトは、肉体的にも精神的にも楽な仕事なんです。 ですから、ブランクが長いナースでも無理なく働くことができるんです。 また、健康な人が対象ですから、病院のように急変などもなく、業務に追われたり、ナースコールで走り回るなんでこともないですね。 また、健診の仕事は土日休みの所がほとんどです。 日勤だけの仕事で土日も休み、シフト希望の出しやすい職場って理想ですよね。 子供が小さいうちは、土日仕事のある病院勤務は無理というママさんナースでも働きやすいですよね。 健診バイトであれば、派遣やバイトで登録しているスタッフが多くいることからシフトの自由がかなりきくので、ライフスタイルに合わせた働き方ができるのが魅力ですね(^_−)−☆ また、健診は予約制だったり、一日の健診人数が決まっていますから、残業がないということもメリットですね。 わりと早い時間で仕事が終わるので、保育園のお迎えも余裕をもって行けるのも助かりますよねd(^_^o) また、仕事内容が楽なわりに時給が高額というのもメリットの一つですね。 時給の高い仕事って負担も大きいイメージがありますよね。 しかし、健診バイトは負担が少ないのに高額時給など、メリットが多いということも人気の理由ですね。

2016年5月31日|

看護師の日払いバイトVS月払いバイト

私は最近、看護師派遣の仕事をしながら、子育てと仕事の両立に励む日々を送っています。 子供は先日1歳を迎えたばかりで、まだまだ手がかかるんですよねf^_^; 本当は子供が小学生になるまで、専業主婦をして子育てに専念したいと思っていたんです。 しかし、この不景気で夫の給料は下がる一方。 今まで支払われていた手当がなくなり、残業申請は認められなくなりました。 これではとても夫の給料で、私と子供を養って家計を支えるのは無理...っていうところまできてしまったのです(T ^ T) 突然そんなことで夫の給与が安くなってしまい我が家の家計は大ピンチになってしまったのです。 そこで、私が看護師の資格を活かして働くことにしたのです。 しかし、実際働くとなると子供はまだ小さいし、保育園に預けて働かなくてはなりません。 身近に保育園のお迎えをお願いできる身内もいません。 常勤で働くのはやっぱり難しいだろうなぁって思い、派遣の仕事を始めることにしたんです(^ ^) 派遣の仕事は、自分の都合に合わせて働きやすいんですよね。 パートやバイトでも、残業があったり、勤め先の都合で働く条件が変えられてしまうことってありますよね。 非常勤だから自分の都合の良い条件で働けるとは限りません。 しかし、派遣であれば派遣会社の登録で働くので、勤務先の都合で働く条件が変えられることがないんですよね。 時給もパートやバイトに比べて高額だから、短時間でも高収入になるのも嬉しいですよね。 給料は、日払いか月払いか選ぶことが可能なんですって。 日払いって嬉しいですよね。 欲しい時にすぐにお金が手に入るって魅力です。 しかし、日払いって毎日給与計算と支払い手続きがあるから、他の支払い方法よりも手間がかかってしまうんですよね。 だから、他の支払い方法よりも時給が少し少なくなってしまうんです。 働いていてすぐに給料がもらえるのは嬉しいけど、時給が少なくなるのは嫌ですよね。 でも月払いは、お給料がもらえるまで時間がかかるし...悩みますねf^_^;

2016年5月31日|

看護師の人数がギリギリの夜勤では、急なシフト調整が難しいですね(+_+)

私は、子育てをしながら夜勤専従で働いています。

夜勤で働く前は、クリニックで働いていたんです。

クリニックでの業務内容を良く理解していなかった私は、クリニックであれば、精神的な負担も少なく、
子育てと上手く両立できると思っていました。

ところが、 クリニックというのは、スタッフの人数が少ないので、なかなか休みをもらう事ができないし、
夕方に患者さんで混み合う事が多くて、毎日が残業だったんです。

それで、夜勤専従をする事にしました。

夜勤をしている時には、近くに住んでいる義両親に、子供の面倒をみてもらっています。

夫は仕事の帰りが遅いので、夫が帰ってくるまで預かってもらっている感じです。(^_^)

夜勤専従の仕事って、ママさんナースでも働けるんだな、という事が良くわかりましたね。

子供の面倒をみてくれる人さえいれば、全然大丈夫です。

それに、夜勤は給料が高いので、少ない日数だけ働けばいいし、日中は子供と一緒に過ごせます。

義両親も、月に何回かの事なので、孫の面倒を喜んでみてくれています。

でも、子供の具合が悪くなった時には、さすがに頼る事はできません。

義両親も不安でしかたがありませんし、私も申し訳なくて仕事に集中する事ができません。

そんな時に、申し訳ないと思いながら、急な休みをお願いする時があるんですが、
看護師の人数がギリギリの職場の場合は、シフト調整がとても難しいんです。

日勤であれば、まだなんとかなるのかもしれません。

でも、急にお願いしても、夜勤を変わってくれる方はまずいません。

24時間対応している、病児保育をしてくれる院内保育園がある病院であれば、安心して働けるのかもしれません。

やはり、子供がまだ小さいうちは、仕事をするにあたっていろいろな問題がでてきます。(><)

2015年4月26日|

出産後の看護師の復帰に最適な健診バイト

女性って、出産前と出産後に同じ働き方ができる人って少ないですよね。

私は嫁ぎ先が今だに古い考え方で、女は結婚をしたら家庭に収まるのが当然みたいな家でした(;´Д`A

しかし、今時旦那さんの給料だけで不自由なく生活をしていけるほど景気は良くありません。

うちも、産後は1年ほど看護師の仕事から離れていましたが、やはり私もいくらか稼がないと生活が苦しくなってきました>_<

そこで、求職活動を始めたのですが、うちは同居の義両親が働きに出ているため、子育てを中心にした働き方のできる職場でなければなりませんでした。

しかし、なかなか子育てを中心に働ける職場ってないものですね。

パートは時給が安いし、常勤は自由がきかない...。

そこで選んだのが、健診バイトです。

日勤だけの仕事で、土日、祝日、盆期間はお休み。

働きたい日だけの仕事でもオッケー。

残業はほぼなし。

仕事が簡単なわりに高額時給。

健診が終わり次第の帰宅だから、結構早く仕事が終わることもある。

へぇ、こんなおいしい仕事があるんだ!ってびっくりでしたが、実際に働いてみて、子供が小さいうちは適した仕事だなぁって思いましたね(^_^)

朝早い集合なのがちょっと大変でしたが、保育園の開園時間前の仕事は外してもらうことができました。

また、子供って突然具合が悪くなりますよね。

保育園に通い始めると、今まで風邪なんてほとんど引いたことのなかった子なのに、毎週のようにお熱をあげるんです。

職場に保育園から電話がくることもありました。

クリニックとかは、欠員が出ることを嫌がるからなかなか早退や遅刻、休みが取れないって言いますが、健診の職場では嫌な顔もせずに休みをくれました(^_^)

登録のスタッフが沢山いるから、急な休みでも対応できるから遠慮なく言ってくれって言われていましたが、これほど快く休みをくれる職場はそうそうないなって思いましたね。

ただ、冬場は仕事がないので長く続けるのは難しいなぁって思いましたが、私は2人の子供の産後は健診バイトで働きましたよ。

おかげで、産後も無理なく仕事が出来て良かったなぁって思っています(*^o^*)

2014年12月 3日|

健診バイトの事前研修

健診のバイトって短時間だし、ママさんナースも働きやすいって言うけど...健診の仕事はしたことがないから心配って思いますよね。

出産後数年間ブランクがあって、病院やクリニックは自信がないなぁ...て言ったら、健診バイトを紹介されたけど、ブランクがあっても大丈夫かしら?
ってこともありますよね。

でも大丈夫d(^_^o)

事前研修でしっかり知識や技術を学ぶ事が出来るんですよ。

ナースの健診での仕事内容は主に問診、血圧測定、採血です。

また、必ずではありませんが、眼底検査を行うこともあります。

学校健診業務になると、心電図や貧血検査なども行います。

こういった健診の仕事で必要とされる内容は、しっかりと教えてもらう事ができるんです。

事前研修の初日は、健診についての知識、言葉遣いなどの一般的なマナーなどを学びます。

健診は、病院受診と違い健康な人が受けるものですから、完全なるサービス業に鳴ります。

患者さんではなく、お客様という認識で接することなどを学びます。

二日目からは実技の研修です。

健診で使っている血圧計の使い方、水銀計による血圧測定の練習をします。

採血では、真空管採血の手技などを学びます。

2人一組で、実際に採血をします。

採血は苦手意識の強い方もいますし、ブランクがあってなかなか自信がつかない方は、健診センターの職員も練習台として協力してくれます。

失敗は健診を受けに来た方にとって嫌な事ですから、自信がつくまで練習させてくれますよ。

また、眼底検査はほとんどのナースが未経験ですから、非常に丁寧に教えてもらえます。

学校健診に回るナースは、心電計の機械操作を学びます。

子供が相手なので、心電図検査に対する恐怖心などもあり、いかにリラックスさせて心電図を取るかポイントなども教えてもらえますよ。

貧血検査も未経験なナースがほとんどですね。

耳介からの採血で針や注射器は使いません。

血管にうまく針を刺せないという注射が苦手なナースでも、コツさえ覚えれば簡単な検査です。

こういった内容の研修を事業所によっても異なるとは思いますが、1〜2日間ほど行います。

健診会場では、時間に追われますから、研修のうちにしっかりと覚えておきたいですね(^_−)−☆

2014年10月31日|

MCナースネット

以前の職場は、とてもハードでストレスが多く、心身共に疲れ切っていました。

やりがいのある仕事を取るか、楽な仕事を取るか悩んでいた時に、相談も含めて、MCナースネットに登録をしました。

楽な職場はやりがいが少なく退屈だ、と思っていたんですが、コンサルタントさんに相談すると、
必ずしもそうではない事がわかりました。

そこで、残業が少なく、落ち着いた業務、やりがいもあって長く勤められる職場を希望しました。

今まで、一般病院の病棟での経験のみで、外来は、やりがいのある職場には思えませんでした。
しかし、実際に見学に行き、自分が思っていた状況とは違う事がわかりました。

コンサルタントさんに相談したお陰で、職場についての正しい認識を得る事ができ,親身になって話を聞いてくれて、病院との連絡もスムーズに進み、満足のいく転職ができました。

MCナースネットは、親身になって悩みを聞いてくれるので、おススメの求人情報サイトです。

求人情報サイトを選ぶ時には、MCナースネットのように、親身になってくれるコンサルタントがいるところを選ぶ事が、転職を成功させる秘訣なのでしょうね。

2013年6月24日|

夜勤専従のライフスタイルについて

夜勤専従のライフスタイルについてですが、大体の病院では、2交代制の病院の場合、夜勤入りが16時頃で夜勤明けが9時頃というような場合が多いみたいですので、ほぼ昼夜逆転の生活を強いられるようになると思います。

また、ある病院では夜勤の30分から1時間前に出勤をして夜勤の準備をしたり情報収集を行ったりするという場合もあるみたいなのですが、これはタダ働きをすることと変わりないですので、断っても問題ないと思います。

ただ、自分の先輩などが来ている場合には、タダ働きだろうがなんだろうが行かないと行けないみたいですので、結構過酷だと思います。

しかし、病院によっては夜勤も落ち着いたところがあるので、勤務が楽なところも多いようですし、自分に合っていて精神的にも肉体的にも過酷過ぎないような職場選びをすることがとても大切だと考えられます。

何故なら、忙しい病院の場合や夜勤が大変な病院になると結構過酷で夜勤入りの時間が早まってしまうことも十分ありえますし、体力的にもきついことになる可能性も考えられるからです。

夜勤が過酷ではない職場なら、自分の時間を持つことができるのですが、過酷な病院になると、自分の時間もなく、疲れて一日中眠ってしまうことになると考えられます。

2013年6月17日|

Windowsタブレット EARTH ショッピングカート 童話集 診断テスト